解約方法に関して

MENU

解約方法に関して

使い出すとその便利さゆえにクセになってしまう、持っていないと不安になってしまうというのがカードローンです。滅多に利用しない人でも万が一に備えて一枚は持っておきたいと思うものなのですが、中には作っては見たもののやはり全く利用しないので解約したいとか、カードローンに頼っている生活から脱却したいと考えて解約を検討するという人もいるようです。解約の方法は簡単です。カードを作成するときも簡単に出来てしまうのがカードローンなのですが解約も金融機関に届け出をしてカードを破棄するか返却をするという行為を行えば基本的には解約ができてしまいます。場合によっては解約の書類にサインが必要という場合もあるようですが基本は簡単に解約できてしまうのです。ただし、解約をするのなら当然ですが借入をしている場合にはすべてを完済するというのが大前提です。借入を残しての解約は出来ませんので注意が必要です。また、カードローンはいつでも簡単に借り入れができるカードですが、それを持っているということは利用はしていないものの借金を出来る枠を持っているということに等しいものとなります。金融機関側は使用していなくてもその枠の金額を使用しているとみなすこととなるのです。そのためカードローンを持っていると他のローンを組もうと思った際に影響を与える可能性があるということになります。そうしたことが嫌な場合は利用していないカードなら解約という選択もありだということが言えるのです。

 

関連ページ

金利に関して
金利の関して述べています。大切な項目です
保証会社とは
保証会社について述べています。
返済の方法
返済の方法について掲載しています
上手な使い方
上手な使い方について説明しています。