返済の方法

MENU

返済の方法

カードローンを利用すると当然ながら翌月以降から返済が始まるということになります。返済の方法に関しては指定日に銀行口座からの自動引き落としとなるか、指定日までに指定銀行口座へ振り込むという方法が一般的です。その支払の内容に関しては基本的にどのカードローンに関してもリボルビング払いでの返済方法が採用されています。リボルビング払いは毎月の支払額が定額となり利用する消費者側からすると毎月の返済の計画が組みやすいのでわかりやすいというメリットが有ります。しかし一方で実際に利用してみたらわかることですがリボルビング払いでの返済というのはいくら払っても元本が減らない、いつまでたっても返済が終わらないという感覚に陥ってしまいがちです。これは定額で返済する金額の中に金利分の金額も含まれているためで、特に初期の返済には返済額の殆どが金利分で元本分が少ないということから、そのように感じてしまう場合が多いのです。こうした事態を解消しようと思うのなら早くに返済を終える努力をすることです。つまり、毎月の返済以外にボーナスなどの別収入が入ってきた時などは利用金額全額を一括返済するという方法を取るということが一番ベストなのですが、それが無理なら通常よりも多めに返済をするということを行うことです。そうすれば元本も減りますし金利分もかなり削減することも可能となってくるというわけです。カードローンは便利で頼もしいのですが金利は大きな負担になるということを意識して返済計画を立てるということが大切なのです。

関連ページ

金利に関して
金利の関して述べています。大切な項目です
保証会社とは
保証会社について述べています。
上手な使い方
上手な使い方について説明しています。
解約方法に関して
解約方法に関して掲載しています