保証会社とは

MENU

保証会社とは

カードローンに保証会社とかは関係ないと思っている人もいるようですが、銀行や消費者金融などにおいてはこの保証会社があってこその貸出が行えるということになりますから、カードローンを利用する消費者にとってもまったく関係がないというものでもないのです。カードローンを発行する銀行や消費者金融などにおいては基本的にバックに保証会社がついています。保証人も担保も取らない商品となるわけですので銀行や消費者金融などにとってはリスクが存在します。万が一、お金を貸した消費者が返済が不可能になるとか延滞をするという行為が続いた時に被害をうけるのは銀行や消費者金融ということになるからです。そんなときにこうした金融機機関に保証をしてくれるのが保証会社ということになるのです。万が一の時には払えなくなった消費者に変わって保証会社が金融機関にその額を保証してくれるのです。つまり消費者側からすると債権が銀行や消費者金融などから保証会社に移行するということになり保証会社に対して返済の義務が生じるということになるのです。金融機関などからすると保証会社はいわば消費者の保証人になっているようなものということになります。そのためカードローンを申し込む際には保証会社の保証を受けることができる人しかカードを作成できないということになっています。最近、銀行のカードローンが著しく伸びているのはこうした保証会社として独自の審査ノウハウを持つ傘下の消費者金融や提携している信販会社が加わっていることに起因しているのです。

関連ページ

金利に関して
金利の関して述べています。大切な項目です
返済の方法
返済の方法について掲載しています
上手な使い方
上手な使い方について説明しています。
解約方法に関して
解約方法に関して掲載しています