カードローン本気でレクチャー|わかれば怯まない!

MENU

カードローンとクレジットカード

クレジットカードを持っている人は相当多いでしょう。成人であればほとんどの人が一枚や二枚持っているかもしれません。そういう意味ではカードローンよりもメジャーなカードであるということは間違いなく言えることでしょう。しかし、この二つのカードは利用する場面が全く異なってきます。クレジットカードは基本的に料金後払いのカードで主に商品などを購入するときに利用できるものでお金が手元になくても利用できる大変便利なカードであると言えます。

 

料金の支払については翌月以降の金利なしの一括払いか分割払いやリボルビング払いというのが通常です。カードローンのカードは商品の購入には利用できません。あくまでもお金を借り入れできるカードなのです。利用金額の返済は多くの場合はリボルビング払いとなっていることが主流となっています。この部分がこの二つのカードの決定的な違いということになります。

 

参考:カードローンでおすすめはプロミス

 

最近のクレジットカードはショッピング機能以外にもキャッシング機能を備えていることが多く、クレジットカードが一枚あるだけで買い物もできればお金を借り入れすることも出来るというのが一般的です。その意味では非常に便利だと言えます。しかし、金利という面で見るとカードローンのほうが低く設定されていることが多いようです。お金を借入れするのならカードローン、買い物はクレジットカードというようにしっかり住み分けを行っている方が賢い選択といえるのかもしれません。

学生でもカードローン

カードローンは成人であれば申し込むことが可能となっています。そうした意味では学生であっても成人になっているのなら作成できるということになります。ただし、カードローンのカードを作成できるのはあくまでも定職についていて安定した収入が見込めることということが大前提となっています。学生は本業は学業を学ぶということです。基本的には仕事はしてないという人もいるでしょう。そうした人は残念ながら申し込んでも厳しいということになります。

 

ところが、最近の学生は長きにわたってアルバイトをしている人も結構います。アルバイトも継続して行っていると毎月安定して収入が入ってくることになりますのでカードローンを利用できる可能性もあるということになります。もちろん利用できる額というのはどうしても低く設定をされるでしょうがそれは仕方がないところでしょう。学生でもクレジットカードを持っている人も数多くいる世の中になっていますが、クレジットカードでもカードローンでも必要以上には絶対に利用しないように心がけるべきでしょう。

 

いざ学生を卒業して社会人になったときには借金だらけというようなことになっているのだけは避けるようにしたいものです。社会人になれば嫌でも借金をしないといけない場面も出てくるでしょう。本来はカードローンも社会人になってから利用することにしたほうが良いといえるのです。くれぐれも便利だからと使い過ぎないように心がけるべきなのです。

法人カードローン

一般的に耳にするカードローンというものは個人向けに開発された金融商品で小口融資が基本となっています。カードローンの良い所は何に利用しようが構わない、利用に制限がないということなのですが、唯一利用を禁止されている部分が事業資金への転用です。サラリーマンなどでしたら関係のない話ですが自営業者や個人事業主だと思わず事業資金として利用しようかと思ってしまう場面があってもおかしくない話です。

 

しかし、個人向けのカードローンはこうした利用方法を禁止しています。もし、事業に資金を回したいと思うのなら事業資金用途向けの法人カードローンを利用するべきなのです。法人向けのカードも仕組み的には個人向けと何ら変わりはありません。無担保で保証人なしで利用することが可能となっているのです。個人向けのものと比べると幾分利用限度額の上限は引き上げられており金利も少し低めに設定されていることもあります。

 

法人向けのカードも一枚あると便利なものですがお金を借り入れするのなら基本は銀行からの融資を考えるべきです。圧倒的に金利面で銀行からの融資の方が低く設定されているからです。法人カードローンを利用するのは事業を立上げたばかりで信用がなく銀行からの融資が見込めない場合などにつなぎ的に利用するというのが理想的です。決してメインの借入として利用するべきではないということが言えるのです。一時的な資金調達にだけに利用は制限をかけるくらいのほうが良いのです。